国内2大サイト


ワクワクメール

無料で登録出来る二大優良サイト

 

セフレの関係の中でも「出会い系サイト」を入り口として出会い、そのまま、定期的または非定期的にも大抵、ホテルだけで会い、セックスをする関係の場合の特徴について述べたいと思います。

 

出会い系サイトですから、最初は、割り切りの関係で援助付と言うケースですが、稀に出会った男女ともに感性というかフィーリングが合い、その後も連絡を取り合いセフレとなっていくパターンです。大抵、この場合、2〜3回目からは、サイトを介さず、メール交換を行っているので、都合の合う時に好きにセックスできるというメリットがあります。

 

この2〜3回目以降の出会い方ですが、女性側も援助だけが目的でないことを理解しておくべきです。何度も会うという事は、その男性のことを少なくとも嫌っていないことが前提となります。
断っておきますが、セフレの関係で本気で愛し合おうと考えたりする方は、いないと思いますが、念のために言っておくとそこまで求めるのであれば、既婚者は、家庭を壊すこと、社会人としては、その社会的地位を失う可能性もあることを理解しておかなければなりません。
何事もリターンを求めればリスクはあります。セフレというのは、そうしたリスクを最小限にしながら、自分の欲求を満たしてくれる秘密の関係の相手であることを決して忘れてはいけません。

 

女性側から割り切りの援助目的で会ったとしても男性サイドに問題があれば、例えば女性を風俗嬢扱いするような態度などがあれば、出会い系であってもその後、二度と会ってくれませんからセフレなんていつまでたってもできません。セフレは、男女間で対等な関係の上に成り立っているのです。
女性の考え方も色々です。嫌な相手でないから援助でセフレと割り切る女性、自分の欲望を満たしてくれるから関係を続ける女性など、10人10色であることもきちんと認識しておきましょう。

更新履歴