妻でもなく、恋人でもなく、割り切ったSEXだけを楽しむ関係、男としてその存在を持つことに憧れて方は多いと思います。セフレとは、字の通りセックスだけを互いに楽しむフレンドで、つまり性のお友達。

 

まずは、その出会うきっかけは、二通りです。リアルの世界での出会い、中には、独身同士もいるかもしれませんが、大抵の場合は、不倫系が多いです。もう一つは、出会い系サイトでの出会いから始まる関係です。
互いにセックスを楽しんだり、性のはけぐちとしている点では、出会い方はともかく、まずはそうした関係ができれば、快感の世界へ踏み出します。楽しみ方は、互いに求め合うパターン、責める側、責められる側、その時々で、お互いの話や成り行きで決めれます。

 

性格と同じように性に求めるものが同じという事は、人生の中で重要です。そうしたことからもセフレを求めるのは、現実の夫婦関係での性が一致せず、セフレをつくる男性と女性は、既婚者が大半です。ただ女性サイドでは、経済的援助を求めて、セフレ関係を結んでいる方も多いのが実態です。
人間の欲望は、心理学上の分類でも生理的欲求の一時的欲求から、自己実現などの二次的欲求まで5段階になっているとマズローの欲求階層説でも示されています。

 

セフレを欲するのは、欲望のどの段階であるか、正式な学問上の定義はないと思われます。心理学上の性欲の充足は、食欲、睡眠欲などと同様な生理的欲求(一時的欲求)に該当しますが、ホテル代やプレゼント、援助などを伴うセフレは、男性側から見た場合、欲求の中でも最高レベルの自己実現の欲求に、該当すると私は考えています。
それだけ、セフレを持つという事は、自己の欲求のレベルも高く、社会的にも経済的にも他の欲求が満たされて、その上を目指している男性が、持つべき欲求であり、ある意味「愛人」に近い感覚だと思います。欲求レベルの低い性欲の解消であれば、風俗等で発散できるからです。

 

セフレサイトランキング
登録無料で出会えるサイトの評価