運よく、互いの時間的要因などから一夜を共にできたケースをお話しします。セフレとの関係は、ある意味セックスのみの関係にした割り切った関係であることから、短時間の密会と言うケースが多いと思います。冒頭に言ったように一夜を共にすると言うことも稀に廻ってきます。

 

私サイドでの時間の作り方は、出張と言う名目です。これは年に数回しか使えません。頻繁には使ってはいけませんし、セフレと言う関係の中で、愛人ではないのですから、一夜を頻繁に共にする必要もないと考えます。
出張と言ういわば「ウソ」を作る要因としては、仕事の上でのストレスや家族・人間関係のストレスから解放されたいと思う時にセフレにそれを求めるのです。長時間、同じ時と空間にいるわけですから、食事なども共にすることになります。相手の食べ物やお酒・飲み物の嗜好をこういった時に知っておくことも今後の互いの関係の中で役立つこともあります。

 

セフレと言っても会ってから、性行為をし、別れるまでのコミュニケーションも大切になってきます。時には長時間一緒に過ごすことによって、今まで知らなかった、性癖以外の人間性であったり、趣味・嗜好などを知ることによって、それが次に続く、新たなセックスへのヒントとなることもあります。
そうした発展的セフレ関係において、コミュニケーションは、重要であるとともに、時には、相手が喜ぶプレゼントを出来るかもしれないのです。食事を共にするなら、隠れ家的な高級店であったり、そうした時の服装は、普段とは違った良いスーツであったり、女性から人間的に尊敬される存在であることも良好なセフレ関係の中では、大切です。
ただし、注意しておきたいことは、決して溺れないこと。自分もそうですが、相手にも一定の距離をとらせることが、肝要なことであることは言うまでもありません。社会でも優秀な人の周りには、優秀な人たちが集まり、そうでない人たちは、そういった集まりができるのに似ていて、いい男には、いい女ができるものです。

 

決して、自慢をしている訳でなく、理想のセフレをつくり、継続していくための基本ですので、自分自身を磨くことも忘れてはいけません。

 

セフレサイトランキング
登録無料で出会えるサイトの評価