セフレとの関係・目的は、互いが性的に満足感を得ることです。その快楽の関係の継続性は、ベッドの上(ホテルの室内でのプレー全般)でほぼ決まってくると思います。例外的にオアカン(青空の下の屋外でのプレー)や人目に触れるリスクを快楽とする痴漢プレーなどを楽しむケースもあるようですが、これはマニアックな方々の例外と考えます。

 

シャワー後の互いの体は、それまでの自分の嫌なこと、ストレスなどを取り除いてくれる神聖なものだと思います。典型的な儀式は、顔面騎乗位によって、顔をベトベトに濡らされれば、それまでの鬱積されていたものが体から抜け出ていく感覚になるのは私だけでしょうか。
余談ですが女性も顔面騎乗位での男を征服した感があるようで、性欲の発散だけでなく、日頃のストレス発散にもなり、より一層興奮の境地に入るようで、一層濡れ方が激しくなります。濡れ方の程度で、どれくらい欲求不満だったのか、日頃のストレスがどのようだったのか想像しながら、窒息しないよう頑張っています。

 

顔面騎乗も楽しむプレーの一つですが、挿入までには、色々楽しまなければ、互いにセフレとしての意味がないと思います。当然基本的には、男性サイドの念入りでねちっこい愛撫を主体にしながらも、クンニ、フェラチオなど互いの性器を味わう基本もしっかりしておきます。
知り合いの女性で、セフレが乳房のしこりを発見し、その後大事には至らなかったものの、病院に行くに当たって、彼氏になぜわかったか説明が、しどろもどろになった困ったそうです。結構、自分とはなんでも無くても周りにいる女性にもセフレと付き合っているがいものです。

 

話がそれましたが、セフレとのプレーのなかで、前為は、恋人関係、夫婦関係以上に大切だと思います。安定した、セフレ関係であれば、時には手抜きもOKです。挿入までにできることなら、指と舌だけで、複数回は女性をイカせておきたいものです。何度も書きますが、女性を満足さすことが、継続的な関係には重要だからです。
できる限り、挿入は、女性側からの求め、欲しいと懇願させるまで、自分も我慢しながら、その欲しがる懇願する淫乱さを楽しむのです。女性もセフレだからこそ欲望を懇願できるのです。欲しい女性は、自分の肉棒を握りしめてくるものです。

 

セフレサイトランキング
登録無料で出会えるサイトの評価