詳しく書くと著作権などの問題もあるので、お医者さんが書いている本の記憶と私の経験や実践を交えてお話しします。多くのお医者さんが健康に関して多くの手の本を書かれています。今までタブー視されてきた傾向がある性の問題や性と心のつながりを取り扱った著書を多くみます。
中でも男性のセックスの重要性を説いた著書は複数出版されているので、読まれた方も多いと思います。男性にも女性同様に40歳代後半から、更年期のようなものがあります。実際、私の場合は、極端に代謝値が落ち、同じ食事量でも体重が激増し始めました。セフレの話ですから、当然自分も裸になるわけです。中には、デブ専の女性もいますが、そういった方は、ご自分の体にも締りがありません。

 

セックスを年をとってもいつまでも続けるには、体の面からもメンタル面からもよいことは、明らかです。先ほど私のように代謝が悪くなるのは、男性ホルモン量が、低下してきている証拠です。始めは、気にしていなかったのですが、医者の本からの知識や実際のセックスでピストン運動に疲れを感じ、マグロになってしまうことが多くなったのです。
マグロ男とのセックスは、余程経済的に援助がないとセフレは、風俗や援助交際とは違いますので、捨てられます。

 

積極的なセックスを続けることこそ、男性がいつまでも若々しく元気でいるための最も簡単な方法なのです。射精をしなければ、男性機能は大幅に低下します。やがて代謝が落ち男性更年期となるのは、医学からも指摘されていることです。セフレとの関係は、継続的であることが重要だと何度も申し上げている通り、セフレがいれば、必然的に定期的にセックスをし、健康な体を作ることができるのです。
ただ、これだけがすべてではないです。セフレから素敵なセックスフレンドと思ってもらうためには、40代、50代になっても若々しい肉体づくりを自分で心がけますし、食事などにも必然的に次のセックスを目標に気を付けるようになるものです。

 

セフレとの関係を維持しようとする心がけだけで、肉体的にも精神的にも健康でいられるのです。決して、長生きしようとか病気が怖いとかいった後ろ向きの気持ちでなくセフレとのセックスライフを楽しむといった姿勢こそが大切なのです。

 

セフレサイトランキング
登録無料で出会えるサイトの評価