本来、出会い系サイトで出会ったセフレについての記事なのですが、何人かは、実際の社会人である女性とそうした関係になったケースをお話しします。

 

こうした関係は、仕事の上で、近年は多いのではないでしょうか。実際、そうなる方とそうでない方との違いは、真面目さだけでしょうか。一途に妻や恋人だけとしかセックスしないことが、果たして本当に正しいことなのでしょうか。日本人の道徳観念からして裏切りとか不誠実な人間との考え方もできなくはなく、ある面正しいと思います。
私の持論を敢えて正当化するためかもしれませんが、セフレのいないことが、本当に真面目で誠実なのでしょうか。色々な実態調査でも明らかなように、そうしたセフレとかの関係をもった男女の比率の高さが不誠実さに直結するのであれば、それが事実だと言い切れるのであれば、わが国は、社会的に破綻しているはずです。
しかし実際は、不景気と言われながらも、そうした不誠実な人間達の多くが、我が国の経済・社会・政治を支えているのです。非定型のセックスの形態が存在するからこそ、我が国の社会も各家庭も成り立っているのです。この実態から目を背けている人たちこそがわが国を悪しき方向へと導くかもしれないと思っています。

 

現代社会において、男女平等が会社社会・各企業風土となってきている今、それぞれの仕事を遂行していくうえで、必ず異性のパートナーが存在します。
人間の充実感の大部分は、社会的欲求を満たされた時にあります。仕事の上において、尊敬や信頼関係というものができてきます。この尊敬と信頼は、通常、愛へと発展していくケースが本当は健全なのですが、現代社会の要因として、結婚まで至れない、感情も起こってくるのは事実です。

 

この流れは、成熟し、大人の人ほど割り切って、すんなりと自然にセックスパートナーとなり、また並立して、仕事上の良きパートナーともなり得るのです。経験のある方ならわかると思いますが、情報網が格段に高くなるとともに仕事も円滑になってきます。

 

セフレサイトランキング
登録無料で出会えるサイトの評価